ドアが枠にこすれる|大阪・京都・奈良・神戸のガラス修理交換、玄関ドア・窓の修理交換、網戸製作取付け・修理・張替、ペット出入り口ならプリズム

  • 日・祝日 夜間対応

    0120-77-5136

    営業時間8:30~23:30(夜間時間外・相談可)

  • facebook

BLOG

カテゴリー:

窓・ドア・修理・交換

ドアが枠にこすれる

フロアーヒンジ

店舗ドア・マンションエントランスドア・ビルドアなどにフロアーヒンジを使用しています。
ドアの下にステンレス板があるのが特徴です。

故障の症状は、
・ドアが急にしまる(ゆっくり閉まらない)
・ドアが開かない重い
・ドアが枠にあたる など

 
 
ステンレスの板を開けると内部部品の錆び・油漏れしていることがあります。
フロアーヒンジは、油圧でドアの閉まる速度を調整する部品です。
油がもれるとドアの開け閉め調整ができなくなり、ドアが急に閉まる・ドアが開けるのが重いなど症状がでます。
フロアーヒンジのケースが錆びの腐食で、ヒンジ部品を固定できなくなり、ドアが枠にあたる床に擦ってしまうなどがおこる事もあります。
錆びがドアを押し上げ枠を変形させる・雨水が入り込む・フロアーの掃除に水をまくなど、設置場所の環境も大きく関係します。
床に黒い油じみが出ている場合は交換しなければならない状態です。

 

 
 
 

 

新しく部品を交換する交換費用は、現場状況によります。
フロアーヒンジ交換のお問合せはプリズムまでご相談ください。